副葬品とは?

 

=================

お葬式の相談がLINEで出来ます!

=================

友だち追加

 

富士見市・ふじみ野市・三芳町での家族葬なら

「埼玉金周 家族葬ホール上福岡」に

お任せください!

 

副葬品は、家族や友人が思いを込めて

最後に故人に手向けるものです。

今回は、お別れの際に副葬品として

お棺に入れていい物とそうでない物が

どんなものなのかお話していきたいと思います。

 

 

そもそも副葬品とは?

故人と一緒にお棺に入れるものです。

古くは、死者の復活を信じて、または、

死者があの世で使うものとして

装身具や武具などが持たされていました。

現在では、思い出の品を納棺式の後や

お花入れの際に入れることが多いです。

火葬が主流になってきた現在では、

副葬品に出来るものと出来ないものがあります。

 

お棺に入れていいもの

手紙、洋服や、食べ物が多いです。

 

手紙は個人が大切にしていたものや、

残された家族が故人に当てた手紙などです。

読んでもらいやすいようにお顔の横や

胸元に入れて頂くことが多いですね。

 

洋服は個人がお気に入りだった服や、

愛用していたハンカチ、帽子などです。

ただ、綿や麻などの燃えやすいものであれば

入れて頂けます。

 

食べ物は相談が必要になるものです。

ちょっとしたお菓子や紙パックの

小さい飲料なら入れても大丈夫ですが、

大きな果物や水分が多いものは、

火葬の際に燃えにくくなってしまうため、

どうしても入れたい際には、

一度葬儀社に相談してみるといいかもしれません。

 

他にも、千羽鶴や思い出の書籍、

故人が一人で写っている写真を入れる方も

いらっしゃいます。

 

お棺に入れてはいけないもの

ガラスやプラスチック、金属は入れられません。

 

いつも身につけていた指輪や腕時計、

メガネなどのアクセサリー類、

最後に一緒に入れてあげたいと思うのは

当然のことと思いますが、

棺に入れても燃え残ってしまいます。

物によっては、骨に付着して変色させてしまったり、

破裂して火葬炉を傷つけてしまいます。

鞄などは、金具部分は切って入れることもあります。

 

また、故人の思い出の写真であっても、

まだ生きている人が一緒に映っている写真は、

その人もあの世に連れていかれてしまう

という説がありますので、

入れる際にはよく話し合って頂いたほうが

いいと思います。

 

副葬品として入れらるかどうかは、

爆発の恐れがあるのか、

燃えやすいかどうか、

遺骨を傷つけないか、着色しないか、

が基準になってきます。

 

入れられないものに関しては、

小さいものであれば骨壺に

入れることが可能です。

 

亡くなった方との最後のお別れですので、

故人や残された方にとって一番いい形で

お別れが出来るようにしたいですよね。

 

棺に入れたい物、入れていいのか

分からないものがあれば、あらかじめご相談下さい。

 

 

資料請求

簡単!入力1分!即日対応!
無料で資料をお届け致します。

・お葬式丸わかり「金周ぶっく」
・WEB限定割引券

その他、お見積りや火葬場資料など
ご希望あればお伝え下さい!