川越市斎場 その2

LINEでもOK!お葬式の相談しませんか?

💗💗埼玉金周の公式LINE💗💗

⇩⇩下の友だち追加から!⇩⇩

  友だち追加

 

川越市のお葬式~その後のことまで

ずっとずっとお手伝い!

自社に霊安室と式場があるのでとっても安心!

川越市民に嬉しいやすらぎのさとのお式も

埼玉金周 川越店にお任せください!

 

 

 

皆さんこんにちは!

今回は引き続き川越市斎場についてお話します!

 

前回お話したとおり、川越市斎場では小式場がふたつあり、お葬式からご火葬まで一ヵ所で行えます。

しかし、だからといって必ずしも斎場でお葬式をしなければならない。というわけではなく

市内・市外問わず、葬儀屋さんの自社式場や公民館、ご自宅など…様々な場所でご葬儀は行えます。

日本は火葬が主流の国であり、この様々な場所でご葬儀を行なった後、ご遺族やご親戚、場合によっては仲の良かったご友人の方々と共に火葬場へと出棺(移動)することになります。

お寺の意向やご火葬時間の兼ね合いなどで内容は変わることがありますが、火葬場では一般的に、最後のお別れとして焼香・拝顔をし、故人を炉までお見送りをします。

その後、荼毘にふされている間は(ご火葬中は)皆さんで火葬場内の待合室でお食事や乾きものなどのおしのぎをいただきます。

ご火葬が終了するまでのお時間は、火葬場によって違いますが、川越市斎場の場合は平均で一時間半程度です。

昔は戻り本膳といって、葬儀→出棺→火葬→葬儀場に戻って食事  という流れが多かったのですが、最近では遠方の親族や高齢の方々のことを考え、なるべく短時間で全てが終了するようにと、火葬場内でお食事をする方が一般的になっています。

そう考えると、川越市斎場の一時間半程のお時間はちょうど良いのかもしれませんね😃

 

ご火葬が終了すると、次はご収骨です。

収骨では火葬場の職員の方が丁寧に説明をしながら、皆さんにもお手伝いしていただきつつ、故人のお骨を壺におさめていきます。

関西方面では、お骨の一部のみを壺におさめるらしいのですが、関東ではお骨は全て残さず壺におさめます。お墓の壺をおさめる場所(カロート)や壺のサイズも関東と関西では違うのだそうです😲

 

ご収骨までで、火葬場で行うことは終了です。その後は、葬儀屋さんとの事前に行う打ち合わせ内容に従って火葬場を出ます。

一口にお葬式と言ってもやることはたくさんで、火葬場だけでもかなりのお時間がかかるんですね。

とはいえ、大事な故人との最期のお別れの日。

ひとつひとつを丁寧に、真摯にと後悔のないようにしたいものです。

もちろん、我々埼玉金周も全力でお手伝いさせていただいておりますので、ご安心ください!

長い人生で葬儀に携わることは、そんなにたくさんあるわけではありません。それが喪主や施主などの中心的な役割なら尚更です。葬儀についてわからないことがあるのも、不安を抱えるのも当たり前…。だからこそ、そんなときに頼れる街の葬儀屋さんでありたいのが私たち埼玉金周です。

些細なことでも大丈夫です。疑問や不安などございましたらお気軽におたずねくださいね!

 

 

お葬式相談室 新河岸店のご案内

お葬式相談室
  「新河岸店」では
家族葬・一日葬・火葬式など
様々なお葬式の
お手伝いしております。

事前相談
見積り無料で対応致します。

◆お葬式相談室 新河岸店◆
0120-70-5541
埼玉県川越市砂新田86-2