葬式での袱紗(ふくさ)の色と包み方

 

あなたの街の葬儀屋さん
川越市での葬儀なら
埼玉金周にお任せ下さい
東武東上線 川越駅西口より
徒歩約10分のところに自社式場
新河岸駅 西口より
徒歩約3分のところに相談室がある
埼玉金周川越店です

 

葬式や法事などの際にお出しする香典は
袱紗(ふくさ)に包んで渡します
この袱紗には慶弔用として
様々な色や種類がありますが
弔事で使用できる色は決まっており
種類は包む香典の金額によって
最適なものがあります

 

弔事の際の袱紗の色と種類

葬式や法事などの弔事で使用する袱紗は
結婚式などの慶事とは異なります
弔事にふさわしい袱紗の色や種類を
覚えておくと良いでしょう

色は寒色系を選ぶ

袱紗のカラーバリエーションは豊富です
弔事では以下の様な寒色系を使います

紺、深緑、灰緑、緑、うぐいす、灰青、グレー、紫

これらのうち紫に関しては
慶事と弔事の両方で使用できるので
1枚用意するなら紫を選びましょう

 

包む金額によって種類を変える

袱紗の種類は香典やお布施など
包む金額によって変わります
各袱紗の特徴と包む金額は
以下の表のとおりです

種類 特徴 実際に包む金封の金額
金封袱紗 金封を入れやすいよう袋状 1~3万円
爪付き袱紗 最もシンプルな四角い布状 3万円以上
台付き袱紗 簡易の切手盆が付いている 3万円以上

金封袱紗は表中では略式の袱紗ですが
最近では手軽に利用されています

 

袱紗の包み方

袱紗はその種類によって
包み方が変わります

金封袱紗の場合

金封袱紗の包み方

弔事で金封袱紗を利用する場合
まず開きが左側にくるようにします
左開きに置いたあとは
表書きが読めるように香典を入れ
口を閉じましょう
右開きは慶事となる為注意が必要です

 

爪付き袱紗・台付き袱紗の包み方

爪付き袱紗も台付き袱紗も
基本的には同じ包み方です
まずは袱紗を裏向きで置き
その上に金封を置き
表書きが読める方向で入れる
このとき中心よりも右側寄りに置く
これは金封袱紗同様に左開きにする為

次に右側を中に折り込みます
その後は右側→下側→上側の順番に折り
残った左側を折って
包みつめをさして留めます

略式の金封タイプの場合は
開きを左側にし右側に香典袋を入れます

 

 

下記のバナーより
【お葬式がよくわかる資料】
無料で最短即日にお届けしております

↓↓↓

「お葬式の流れ」を把握したり
「費用の確認」など…
多くの方に「資料請求」
ご利用頂いております
簡単な入力でお申し込みできますので
この機会にご利用してみて下さい

 


【埼玉金周YouTubeチャンネル】こちら

お葬式相談室 新河岸店のご案内

お葬式相談室
  「新河岸店」では
家族葬・一日葬・火葬式など
様々なお葬式の
お手伝いしております。

事前相談
見積り無料で対応致します。

◆お葬式相談室 新河岸店◆
0120-70-5541
埼玉県川越市砂新田86-2