祭壇に飾ってあるこれって?

ふじみ野市の

家族葬・火葬式は

埼玉金周へご相談ください!

 

 

突然ですが

今回ご紹介するのはこちらです。

こちらは「大曼荼羅」といって

日蓮宗などの宗派で

御本尊として使われているものです。

 

 

近くで見ると

書いてある字が読めるのですが

式場の祭壇にかかっていても

読めないと思います。

 

 

先日、あれって何?と

質問があったため

ブログでもご紹介いたします。

 

改めて、この「大曼荼羅」は

日蓮宗などの「本尊」です。

 

他の宗旨では本尊は

阿弥陀如来などの「絵」が

使われていることが多いのですが

こちらは「字」です。

 

 

何が書かれているのかというと

中心の部分に題目

「南無妙法蓮華経」

 

四隅に書いてあるのが

右上から時計回りに

「持国天」「広目天」「増長天」「毘沙門天」

 

 

題目のまわりに

様々な如来や菩薩などが

「南無〇〇~」といった形で

書かれています。

 

 

中央下部に書いてある大きい文字が

日蓮上人の花押(サイン)です。